シミはレーザーや医薬品で即治療~素肌美人なり隊

シミ

原因を知る

医者

シミはメラノサイトが肌を紫外線から守ろうとメラニンを作ることで出来てしまいます。通常はターンオーバーで古いメラニンから排出されていきますが、年齢が高くなるに従い適切に排除できなくなります。治療にはホルモン療法があります。

波長やレーザ種類の違い

シミレーザー機を知りたい人は要チェック!相場や痛みなどで比較することで、自分に向いている機器が分かりますよ。

シミ

美容皮膚科で一般的に用いられる治療器具としてレーザーがあります。脱毛でも用いることがありますし、美容治療でもレーザーが一般的に用いられます。そしてシミなどを消すためにもレーザーは用いられるわけですが、このレーザー治療器具について詳しく知っている方は少ないでしょう。そもそもレーザーとは高エネルギーの光の事全般を指します。日頃よく見る白熱球やLEDなどの光を発する素子も、究極に高いエネルギーを持たせてあげればレーザーと呼ぶことが出来る場合もあります。レーザーは直進性に優れていて、更に波長を短くすることが出来るという大きな特徴を持ちます。波長が短くて且つ直進性に優れていると少ない照射エネルギーで遠くの場所まで光を届けることが出来ます。そしてエネルギーの損失率が低いため、届いた先でも高いエネルギーを保持することが出来ます。美容治療などでレーザーが用いられる理由は波長を短くでき、ミクロのレベルでピンポイントにエネルギーを与えることができるからです。
光は波長が長くなるほど物体の中に入り込む力が増えるという特長を持ちます。レーザーの場合も同様で、波長が長いものであればより体の深層部まで届かせることが出来ます。美容皮膚科などでシミ治療に用いられるレーザーは、主に500から1000nmの波長でセットされていて、肌の表皮から真皮に掛けて届かせるようになっています。逆にレントゲンなどを撮る場合はものすごく長い波長にすることで体を突き抜けるようにさせてあげます。シミ治療では500から1000nmの波長で治療を行っていきますが、勿論シミの種類によって適切な波長というのが微妙に異なります。例えばシミの1番の原因になっているメラニンは500nmよりも更に短い波長に吸収されやすいという特長を持ちますが、ただ単に500nmより短い波長のレーザーを照射すればいいというわけではありません。というのも人の体には血液も流れていて、レーザーを照射すると血中のヘモグロビンにも影響を与えてしまうからです。なるべくヘモグロビンに影響を与えずにメラニンだけにレーザーを吸収させるためにはヘモグロビンの吸収率と、メラニンの吸収率のちょうどいいバランスの波長でレーザーを照射させる必要があります。多くの研究の結果おおよそ530nm前後の波長がメラニンによく吸収され、かつヘモグロビンに悪影響を与えないとされています。この530nmの波長を持ったレーザーにはYA6があり、美容皮膚科でシミ治療をしにいくと必ずYA6と呼ばれるレーザーを勧められるでしょう。ただし人の体質によってもこの適切な数値というのは異なり、ルビーやアレキサンドライトなどの種類のレーザーなども用いられることがあります。

名医を探す

シミ

シミの治療は新宿でも行なうことが可能で、新宿では多数の美容皮膚科が存在しています。信頼できる場所で治療を行うことが大切になり、安易に依頼してしまうというのは非常にリスクの大きい選択になってしまうことが多いです。

種類で異なる治療

女性

シミを消すという場合はまず種類を知る必要があるでしょう。というのもシミは様々な種類があり、一言でシミと言ってもそれぞれで治療の仕方が大きく異なってしまいます。まずは種類の知識を身につけるようにすると良いでしょう。